クラミジアの感染は留まる事を知らず、毎年一定数以上の患者が確認されています。症状に気付けなくても検査を受けることで簡単に発見することができます。

  • ホーム
  • 失明の可能性もあるクラミジア結膜炎

失明の可能性もあるクラミジア結膜炎

クラミジア結膜炎とは、何らかの原因で目にクラミジアに感染することで発症する眼病です。
ウイルス性の流行性結膜炎と初期症状が似ていることから、症状が軽い初期には他の眼病と間違えやすいのが特徴です。

クラミジア結膜炎には、日本を含めた先進国に多い封入体結膜炎と、発展途上国に多く見られるトラコーマの2種類が存在します。
封入体結膜炎の場合、感染ルートがクラミジアに感染した性器のことが多く、菌がついた手で目を擦ったり、菌を含んだ精液や膣分泌液が目にかかりることで感染する可能性があります。
トラコーマの場合は不衛生な環境が原因であることが多く、菌のついたタオルなどの共有などで感染するのが特徴です。

クラミジア結膜炎はアレルギー性の結膜炎と違い、片方の目にのみ症状が現れる場合がほとんどです。
症状としては、リンパ筋が腫れることで痛みが生じ、膿を含んだ目やにが出るようになります。
さらに症状が進行すると、視界がぼやけたり、目の充血やまぶたの腫れ、光をまぶしく感じることもあります。
まぶたの結膜に小さなぶつぶつとしたできものが生じ、次第に大きくなるのも症状の一つです。
トラコーマは重篤な症状になりやすく、悪化すると最悪失明する危険性もあります。

成人型のクラミジア結膜炎は、多くが性器からの感染です。
女性の場合、膣にクラミジアに感染していると、膣から分泌される液体に触れることで手に菌が付着します。
その手で目や目の周辺に触れてしまうと、粘膜から感染する可能性があります。
男性の場合も同様で、性器から出るカウパー液や精液などに菌が含まれているので、液体が付着した手で目に触れると、女性と同じ理由で感染が起こるのです。

新生児型の場合は、多くが母子感染によって引き起こされ、かゆみや目の充血などの症状に加えて、肺炎を引き起こす危険性があります。
肺機能が成人に比べて弱い新生児は、肺炎を起こすと命にかかわるため、妊娠中の女性はクラミジアに感染していないか確認することが大切です。

クラミジア結膜炎に感染した場合の治療方法は、一般的に眼軟膏や点眼薬を使用します。
新生児の場合は、肺や咽頭の炎症を併発することが多いので、同時に症状に応じた抗生物質を追加することもあります。

新生児へのクラミジア結膜炎感染

成人型のクラミジア結膜炎の場合は、体の発育が未熟な新生児の新生児型よりかは体に及ぼす影響力は弱いですが、だからといって安心してはいけません。
クラミジアから手で目を擦ったりするだけでクラミジア結膜炎に感染します。
特に、危険なトラコーマは、症状が悪化した事により失明してしまうことが高いです。

発展途上国では、クラミジア結膜炎になりうる可能性が、先進国に比べ、高いです。
眼病への意識や知識不足なども然ることながら、医療や衛生面の充実はできておりません。
成人が、割合がたかくなることにより、新生児のクラミジア結膜炎になる可能性も確実に上がります。

その為、もしも感染した時には、点眼薬や眼軟膏などにより、眼の炎症などを抑えることにより、病状はよくなります。
治療方法は、点眼薬や眼軟膏が一般的ですが、合う合わないもあります。
新生児の場合は失明に加えて肺炎を起こしてしまうなどの症状が存在します。
その事を考えると治療方法選びなども慎重にするほうが良いと思います。

また、母親の体を通して新生児が封入体結膜炎に感染します。
それによって、目が充血するなどの軽度の症状から、目の下にブツブツが出たり、耳の前のリンパ節が腫れて痛みを生じるなどの事もあります。

トラコーマのみならず、封入体結膜炎などにもなる事がクラミジアにはあります。
新生児への影響は深く母親と状態によって変化します。
まずは、母親自身が気をつける事が重要視されます。
母親の体への影響は子供の体へも直接影響を及ぼします。

この事より、菌の感染経路の遮断をして予防する事でクラミジアだけでなく、クラミジア結膜炎、その他の結膜炎などにもなりうる可能性が格段に低くなります。

関連記事