クラミジアの感染は留まる事を知らず、毎年一定数以上の患者が確認されています。症状に気付けなくても検査を受けることで簡単に発見することができます。

  • ホーム
  • 性病が怖い人は、徹底した予防方法を学ぶ

性病が怖い人は、徹底した予防方法を学ぶ

性感染症が引き起こされる最大の要因は粘膜による接触感染です。
性病を患っている人物と性行為を行う、キスを初めとした愛撫やオーラルセックスを行うことで感染源から病気を貰ってしまうものと想像しておいてください。
そのため大前提として、性病を持っている人物との性行為を避けること大切です。
性病予防の第一歩だとイメージしておきたとえ夫婦や恋人関係にある相手だとしても性病を持っているなら肉体的な接触を避けるようにしてください。
当然ですが性病を治すよう病院に行くよう促すことも大事だと言えます。

相手が性病を持っているのか分からないといった場合には、最低限性感染症を避けるためにコンドームを使用して性行為に臨むようにすべきでしょう。
コンドームは避妊のためだけでなく性感染症防止の面でも役立つからです。
コンドームの使用も予防方法としては初歩ですが、女性側にピルなど避妊薬を飲んでもらい生で性行為を行うのに比べれば性病の感染を圧倒的に予防できるようになっています。

コンドームの使用方法は陰茎の先端にコンドームの中心を充てて、外側の丸まっている部分をゆっくりと両手の指で巻きおろしていきます。
陰茎の根元にまで外側がかぶされば完了です。
コンドームは性行為限定のアイテムとなっていますが陰茎が勃起している状態なら練習として巻きつけることが可能です。
必要なら一度ひとりで仮使用してみるといいでしょう。

性病を持っておらずコンドームを着用した状態でも性感染症に罹ってしまうこともありえます。
例えばお互いに身体が汚れている状態で性行為に臨んだ場合や、女性側が生理の状態で挿入した場合などには性感染症が引き起こされる可能性があるのです。
事前にお互いにシャワーをしっかり浴びて清潔な状態で性行為に突入する、女性側が生理ならオーラルセックスのみに留めておくなどといった対策が好ましいと言えるでしょう。
徹底した予防を施しておいて損をすることはないものと認識しておいてください。

傷口からの感染も考えて、生理中は性行為をしない

性感染症の予防方法は、つまりは感染源となる体液から粘膜などを通して病気を貰わないようにすることが最優先です。
性行為の場合にコンドームを使用する事は、避妊目的だけに限定されず、性感染症を防ぐことができる有効な手段です。
シャワーで汚れは洗い流せても、感染源をなくせるようなことはありませんので、確実に体液に接触しないようにすることが大切です。

また、普通の状態では大丈夫でも、皮膚などに傷口がある場合は性感染症に感染する確率が上がります。
感染する確率を挙げてしまわない為にも、生理中は性行為をしないというのは大きな予防につながるでしょう。
生理中はどうしても体液のまじった血液が増えるので、接触してしまう可能性が増えてしまいます。
生理中は性行為をしない事は男性から女性に感染する可能性だけではなく、女性から男性に感染する可能性も防げるといえます。

基本に戻っておさらいすると、まずは相手も自分自身も性感染症に感染していないかどうか日頃から検査を行って知っておくことが重要です。
感染しているかどうかを確認できないような、知らない相手と性行為を行うことはなるべく避けましょう。
そして、もしも夫婦や恋人であってもコンドームによる予防を普段から心がけておけば、思わぬ感染を防ぐことができます。
コンドームの正しい使い方はパートナーと二人で知っておくようにして下さい。

いくら予防が可能だからといっても、傷口からの感染も考えた場合には、生理中は性行為をしないようにする方が良いです。
なるべく危険な行為を避けることが、感染を防ぐ一番の方法というのを常に頭において行動して下さい。
冷静な判断がその後の運命を左右するといっても過言ではありません。
結果として、二次感染も防げます。

関連記事