クラミジアの感染は留まる事を知らず、毎年一定数以上の患者が確認されています。症状に気付けなくても検査を受けることで簡単に発見することができます。

  • ホーム
  • 性病は性行為以外でも発生することを知る

性病は性行為以外でも発生することを知る

性病と言えばその名の通り性行為によって感染するものと思われているが、実は性行為以外の感染経路も複数存在しています。
なので、そのことを知らないと心当たりがないのに性病に感染していたということも起こりえるので、どのような感染経路があるのか理解を深めておきましょう。

まずは性行為はないもののキスをしたりオーラルセックスでも感染することはあります。
これはキスに関しては口腔内にいる病原体が感染する可能性がありますので、それで言えば飲料水の回し飲みなどでも感染することがあります。
また、オーラルセックスの場合には、口腔内にいる病原体が性器に感染するケースもあれば、反対に性器にいる病原体が口腔内に感染するケースも考えられます。

オーラルセックスに関してはコンドームの装着で予防することも可能ですが、性行為時にも予防になるコンドームも万能ではないので、装着前に感染をしたりコンドームの外側に病原が付着していれば意味がありません。
なので、コンドームの装着は重要ですが、それと同時に正しい使い方をすることも必要です。

続いては性行為には全く無関係な感染経路ですが、その中でも最も多いのが共同のお風呂やトイレなど不特定多数が使用する場所での感染です。
お風呂では入浴しているお湯から感染することも考えられるが、最も危険なのが洗い場にある椅子で、直接性器が触れるものなので感染する可能性があります。
なので使用前にしっかりと洗ってから使うことが予防に重要です。
トイレも家庭内であれば使用者が限定的なので家族に性病の感染がなければ問題ありませんが、公共のトイレの場合には不特定多数の利用者がいるので、予防としては性器が便器などに触れないように注意することです。
他にもタオルや衣類の共有も感染の危険がある行為で、フェイスタオルや手を拭くタオルであれば感染の心配は低いですが、お風呂や温泉で全身を拭くタオルを使った場合には感染する可能性がありますので注意が必要です。

このように性病と言っても様々な感染経路があって、中には性行為には全く関係がない場面でも感染する可能性があるので、どのような経路があるのかよく理解して対策をするようにしてください。

コンドームは最適、オーラルセックスも危険

性病その名の通り、主に性行為によって感染する病気の総称を言います。
ウイルスや細菌によって引き起こされる疾患なので、通常の皮膚に覆われている部分が接触しても感染することはありません。
しかし、性器をはじめとする口腔内や傷口など、粘膜同士が接触するとウイルスや細菌がうつってしまいます。

性病は基本的に粘膜同士の接触によって感染するのですが、原虫が原因となる性病の場合は、非常に低い確率ですが感染する可能性が残るのです。
感染者と同じトイレやお風呂を使用したり、体を拭いたタオルなどが粘膜に接触してしまうことで、少ないですが感染例が存在します。
性病は性器だけでなく口腔内に感染することもあるので、回し飲みも感染経路となることがあります。

予防としては、感染者と粘膜による接触を行わないことが大切です。
また、お風呂場やトイレなどの水周りは、衛生的に使用するようにしましょう。
タオルや食器なども、感染者と共有しないようにすれば同じ生活環境にいても問題ありません。

性行為において注意したいのが、性器同士でなくても粘膜が接触することで感染する可能性があるということです。
代表的な感染経路はディープキスやオーラルセックスで、咽頭などに感染するタイプの性病も存在します。
性病の中には自覚症状が乏しい場合もあり、感染者自身が気が付いていない場合があります。
そのため、コンドームは感染する確率を低下させるのに非常に効果的です。

コンドームを使った性行為も、最初から最後まできちんとコンドームを着けていることが大切です。
性器に触れた手で他の性器に触れた場合に感染することもあるので、挿入時以外でもコンドームを最初から装着しておくと安全性が高まります。

関連記事